スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスモス

なかなか朝起きるのも、
バイクに乗るのも厳しい寒さになってきました。
コスモス
そろそろ今年のツーリング納めにと
ぶらぶら走っていた先でみつけたコスモス畑。
コスモス畑
いやぁ~綺麗っすなぁ。
コスモスは漢字だと「秋桜」って書くらしいです。
かっけぇ…けど
(^U^)DQNネームとかにありそうですね。
みつばち
冬に向けて一生懸命働いている
ミツバチさんを僕も見習いたいです。
咲枯
もうすぐこのコスモスも全部枯れて、厳しい冬くるわけですね…
寂しい…冬は冬で良いところはあるけれど
やっぱりなんだか切ないなぁ。

切ないといえば
漫画の方の最終更新分がもうすぐ書きあがりそうです。
ちょうど2年間(就活とか試験とかで休載期間はありましたが)
毎週日課のように続けてきたものなので、思い入れがないといえばウソになります。
僕としてもちょっぴり終わりになるのは切ないです…が
やりきった達成感の方が
(^U^)大です。←アレ関連の意味ではなく

更新日にまたあらためてここでも挨拶させて頂くと思いますが
ここまで続けてこれたのは毎回読んで下さった皆さまのお陰です。
こんなクソ漫画を最後まで見守ってくださいまして
ほんとうにありがとうございました。
多分予定通り更新できると思いますので
どうか最後までお付き合いください。

スポンサーサイト

伊吹山③

完全に書いてた事忘れてましたが 続き。
000006.jpg
ひょおおおおおおおおおおおおおっ
遂に本当の頂上に着いたぞぉおおおおおおおおおおおっ
00008.jpg
頂上はこんな感じ。
ちなみに売店とかトイレとかも完備されてます。
平日だというのに結構人がいました。
000007.jpg
うっひょおおおおおお絶景!
00001.jpg
山頂からは 琵琶湖が一望できます!
000002.jpg
しかし周りは断崖絶壁…
00004.jpg
( ;^U^)これは落ちたら死にますね…タマヒュン…
00005.jpg
ちょっと金は高いですけど
伊吹山、車でもバイクでもおすすめです。
お近くの方は是非 行ってみてはいかがでしょうか。
IMG_3217.jpg
開通しているのは11月までらしいので
また来年、今度は夏に行きたいなぁ。

伊吹山②

エクストリーム駐車
うおおおおおおおっ!
遂に頂上の駐車場へ着いたぞォオオオオおお!!
ここが最高峰やな!!
到着!
駐車場「いつから俺が頂上だと錯覚していた…?」

ウコン「なん…だと…?」
そうなのです。ここはまだ1260M地点。
奥に道があるのがお分かり頂けるでしょうか。

ここから最高峰までは己の身体一つ。
つまり徒歩で挑まねばならないらしいのです。
もうね。なんかね。やっとの思いでラスボス倒したけど
第二形態があったみたいな気分ですね。
1260M観音様
だがここまできて引き下がるわけにはいかねぇ!
登ってやる!登ってやるぜ!
とりあえず観音様に無事に帰ってこれるように祈願して…
…ん?
恋人の聖地…?
へぇ~そうかぁ。
ここは恋人の聖地かぁ。
(♯^U^)そうかぁ…よかったなぁ。


えっ俺? もちろんソロで来てますけど?
ん?ここはひとりで来ては駄目なのかな?ん?
ベアー
へぇ~そうかぁ~。
( ^U^)クマも出るのかぁ~これはクマったクマったwww
ってやかましいわwww
ええええええクマ出るのかよ!!www


言いようのない憤りと熊の恐怖に
怯えながらもここで引き下がるわけにはいかない。
そう。何度も言うようにここで引き下がれば
貴重な2100円が無駄になるのだから。
心得
登山者の心得をよく読んでいざ!最高峰へ!!
ゴミはちゃんと持ち帰ろうね!!
俺たちの戦いはこれからだッ!!
直進!
砂利の坂道を一心不乱に登る。
流石標高1000オーバー地点。
景色はもはや冬一歩手前といった印象。
秋も風情があって良いけどやっぱりどこか寂しい…
旅をするならやっぱり夏ですね…
琵琶湖?
前方に見える湖は恐らく琵琶湖?
もうあっち側は完全に滋賀県ですね!
ちょっと薄雲張ってて残念!
しんどい
やはり日ごろの運動不足もあって
現時点で既にしんどい…
思い起こせばここ2年ほど全力で走ったことがない。
運動しないとなぁ。
国定公園
国定公園に指定されているとの事。
独自の高山植物や虫がいっぱいいる
夏はさぞかし綺麗なんでしょうなぁ…
かなりしんどい
えれぇ…でらえれぇぞ… ←(訳:むちゃくちゃしんどいぞ)
さっきまでクソ寒かったのに暑くて汗が出てきた…
っていうか空気が若干薄い気がするのは気のせいだろうか。

でも恐らくもう少し…もう少しなんや…
死と熊の恐怖と戦うこと約20分。
最高峰へ
うおおおおおおおおっ
遂に謎の建物がみえたぞおおおおお!
アレが本当の頂上やな!!


最終回③につづく。

伊吹山①

秋深まる10月半ば来週からは寒波が押し寄せてくるとのこと。
旅に出るなら今しかねぇ!
時は来た。それだけだ。(橋本真也風)
ということで
伊吹山ドライブウェイに行ってきました!
秋風
えっ せせらぎ街道はどうしたんだって?
せせらぎ街道はまぁ一回行ったことあるし
遠いしクソ寒くて混んでるらしいので
やっぱやめました。(^ p ^)←まさにクズ

まぁそれは置いといて
伊吹山は岐阜県と滋賀県を隔てる
標高1377mの山。
のどかな田園風景に囲まれており
山周辺には関ヶ原の合戦上跡などもあります。 
GO!
国道21号を滋賀県方面へ走ること約1時間。
見えてくる伊吹山ドライブウェイ入口の看板。

料金所のおっさんに料金を払う。
おっさん「二輪は2100円ね」

高ェ…


クソド田舎にある山の頂上行くのに2100円すか!
ぼったくりじゃないですか~!!
(ちなみに車はもっと高いです) 

まぁそれだけの価値がある…ということですよね…?
元はとらせて貰いまっせ!!
路上脇にて
いざ!伊吹山山頂を目指し出発!

なかなか快適なワインディングロード。
ここの時点で眺めもなかなかのものです///
夏名残り
残暑が厳しかったせいか
思っていたより秋は進んでなさそう?
まだ僅かながらに夏の名残りを感じます。
火の用心
坂を上る。登る。
まだまだ先は長そうです。
秋山
う~ん。だんだんと標高が高くなってきたぞ。
やっぱり上に行くにつれて木々の色合いが鮮やかになりつつあります。
17分の10
非常にみづらいですがこの時点で
10/17kmの看板が!
(頂上までの道のりの全長は17kmだそうです)
知らん間に半分来た!これでかつる!
頂へ
どうやらあの頂が目指す頂上のよう。
うおおおおおおおおおおたけぇ!
よっしゃあああ行ってやるから待ってろよ!
ゴールが見えたため
調子に乗って快調に進むこと数分後。

寒すぎわろた。
急激に気温が下がりだす。
830M
標高830M…だと…

1300Mとか大したことないだろとか思って
2枚しか重ね着してきてませんでした。^^←こいつ最高にアホ (AA略
どうみても死亡フラグです本当にありがとうございました。
しかし引き返すことはできません。
今引き返せば2100円が水の泡になる。
行くしかねェ。行くしかねェンや。
凍死の危険と戦いながらウコンは
前に進むことを決めました。

すると追い打ちをかけるように
行く手を阻む障害物が!!
!?
ほぅ…カウントダウン式の停止信号とな…?
これはアレですね。ダルマ屋ウィリー事件のあれですね。
ダルマ屋ウィリー
確かにこれには、数字が0になったと同時に
ロケットスタートを切らねばならないような
脅迫観念さえ感じますが煽りと焦りに負けると
ギアがロー入っちゃってウィリーするので注意。
慎重に進みます。
高空
頂上はもうすぐそこ!
その②へ続きます!!

リベンジ。

秋もすっかり深まって もう東北の方では

もう紅葉シーズンまっさかりだとか。
秋深
我が故郷 名古屋の植民地こと 岐阜県にも
もうすぐ紅葉シーズンがやってくるということで
色づく山々の中を走るツーリング旅の計画を妄想しております///
目指すは 飛騨・美濃紅葉三十三選にも選ばれている
わが県が誇る数少ない人気の紅葉ドライブコース
飛騨せせらぎ街道!
岐阜県(笑)でツーリングするならここは外せないッ!
というくらいライダー達には有名な道なのです。
せせらぎ街道
写真は2年前の夏。
まだ有料道路だった時に
原付で挑んだ時のものです。
西ウレ峠
たしか原付の交通量が片道50円で笑った記憶が。
途中でガチでガソリンがなくなりかけて
死にかけた
のも今は良い思い出です。

でもあの時は初めてで、そんなギリギリの状況だったので
あまり写真が撮れなかったのが心残り。
一服
今度は新しい相棒を引っ提げて
いざ、リベンジに挑もうと思います!キリッ

前回にレポートさせてもらったビーナスラインには
景色的には正直劣りますが(結局は走りやすいだけのただの山道なので)
良い写真がとれたらまたここで報告させて頂くかもしれません///

プロフィール

ウコン

Author:ウコン
掃きだめブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。